交通事故における弁護士費用についてきちんと知っておこう

男性

弁護士に依頼をした場合

模型

どの程度費用がかかるか

交通事故を起こしてしまった、または巻き込まれた場合には弁護士に依頼をして交渉する事が一般的です。これは当事者同士であれば感情論になる場合もある上に、法律上の問題に詳しくない事から代理として弁護士に依頼をします。弁護士の中には交通事故をメインで取り扱いしているケースもあります。弁護士に相談する事で賠償金が増える場合もありますし、相手方とのやりとりから解放されます。さらには法的な理由で抗弁が出来るなど、メリットは多分にあります。弁護士費用は平成16年4月より自由に設定できるようになりました。しかし旧報酬規程を利用している弁護士も多く、交通事故の弁護士費用は依頼をする弁護士によって大きく違います。弁護士費用は、相談料や着手金だけでなく、成功報酬や日当や実費に分別されます。旧報酬規程では相談料が1万円程度、着手金が最低10万円、成功報酬が10%からとなっています。日当も3万からなどと決まっています。ただし最近の傾向だと相談料は無料で、着手金はゼロとしている弁護士も増えてきています。この場合は報酬金で調整しますが、経済的利益の10%とさらに別途20万円というのが一般的です。特に交通事故の場合では相談料や着手金が高額であれば相談しくに部分もあった為にこのような形態になってきています。なお弁護士費用は別途支払う訳ではなく、示談金や賠償金から差し引かれる事になります。このように弁護士費用は報酬金に対しての比率で決まる為にどの程度かかるのかを最初に計算する事は難しいですが、弁護士によって費用は大きく異なります。まずは相談時に確認する事が費用です。

確定申告が楽になる

計算

千葉で税理士を選ぶ時には不動産収入や土地収入など、千葉でよく行われている事業に強い税理士に依頼すると良いです。節税と収益の最適化を進めるのは簡単ではなく、経営者や所有者の負担が減らせるように経験豊富な税理士を見つけましょう。

遺産相続を円滑に運ぶ

数珠

相続専門の弁護士は相続税や不動産価格に関する知識を持ち、遺産の公正な分割だけでなく節税にも貢献します。インターネットから実績が豊富な弁護士を選ぶ以外に、他の士業から紹介してもらうという方法もあります。

無料相談が可能

電卓

福岡で過払い金請求を依頼する法律事務所を選ぶ時は、しっかりと比較をして、経験と実績があるところを選んでおきましょう。全額の過払い金を回収するためには裁判をやらなければならない可能性が高いので、その点についてもしっかりと説明をしてくれる弁護士が良いでしょう。